メンズ

蜂の巣を見つけたらすぐに駆除してもらう【安心して暮らす為に】

昔から行われている駆除法

下を向く男性

ホウ酸団子は昔からゴキブリ対策として、選ばれている方法です。ゴキブリを脱水させるホウ酸を配合した団子を、設置するだけの手軽さがホウ酸団子のメリットとなっています。ホウ酸団子を設置するタイミングは、3月から4月がベストです。

害虫や害獣を防ぐ環境

一軒家

シロアリなどの害虫やねずみなどの害獣は、専門業者へ依頼することでしっかりと駆除してもらうことができます。床下換気扇を設置してシロアリが発生しにくい環境を整えたり、再発保証のサービスを上手に利用したりすることで、害虫や害獣による被害を防ぐことができます。

関連サイト

  • 衛生害虫110番

    トコジラミ駆除の情報を調べておきたいなら必見になりますよ。気になる人はこちらのサイトからとなります。
  • ねずみ駆除110番

    24時間で受付してもらうことができるので、ネズミ駆除に関することが知りたいと感じているならこちらになっていますよ。
  • シロアリ110番

    シロアリ駆除は良心的な価格設定の業者に依頼すると良いでしょう。丁寧に対応してもらいたい方はコチラにご注目ください。

作業の順番

白蟻

所有者に連絡をしよう

蜂は条件が良いところであれば、どこでも巣を作る可能性があります。最近では、民家の近くや軒下に巣を作るということも珍しくはなくなりました。自身の敷地内で蜂の巣を見つけた場合には、自身でもしくは業者などに依頼し、駆除するようにしましょう。ただし、自身の敷地外で蜂の巣を見つけた場合には、不用意に近付かず、役場や敷地の所有者に蜂の巣の存在を伝えるようにしましょう。勝手に駆除した場合には、トラブルに発展する可能性もありますので、注意が必要です。土地や施設の所有者に巣の存在を伝えた場合でも、危険がないと判断された場合には、駆除などの対策が取られない場合がありますが、多くの場合は駆除対策などが行われるようです。

確認しよう

蜂の巣の駆除は、個人で行うことも可能ですが、蜂の種類や特性を知らないままに行ってしまうと、刺されてしまう可能性もあります。そこで、そのような危険を回避するためにも、専門の駆除業者に駆除を依頼することをおすすめします。駆除業者の探し方としては、役場などに問い合わせたり、インターネットを利用して地域にある業者を探すなどの方法があります。いずれも作業を依頼する際には、作業方法や費用、アフタフォローについても確認しておくようにしましょう。なお、巣を駆除した後でも、数日間は巣があった場所に蜂が姿を見せる場合があります。新たな巣を作る様子が見られなければ、それほど気にする必要はないでしょうが、巣が作られているという場合には、業者に相談をすることをおすすめします。

イエシロアリの特徴

駆除道具

国内でよく被害が報告されるヤマトシロアリとイエシロアリは、家の柱や土台などを食べてしまいます。特にイエシロアリは食害のスピードが早いので、早めに駆除する事が大切です。羽アリが出た場合は、住みついている可能性が高いので、早めにシロアリ駆除を行いましょう。